04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

サリちゃん、命の恩人と感動の再会(ToT)/~~~

2012/11/26
サリちゃんの命の恩人
・・・が、ドッグカフェBeansさんへ、来てくださいました。


サリちゃんは、偶然に偶然が重なり、繋がった命。


でも、それは偶然ではなく、
サリちゃんの持って生まれた、人と人を繋げる能力が、
奇跡を起こしたんだと思いました。


サリちゃんは、たくさんの人を介して、我が家へ来ることになったので、
保護主さんとは、今回、初めてお会いしました。
なんと御礼を言ったらいいのか・・・、
自分の言葉では、表現することが出来ませんでした。


元飼い主のおじいさんは、とても頑固な方だったそうです。
そんな頑固なおじいちゃんは、サリちゃんを溺愛し、
車で、いろんな所へサリちゃんを連れて、お出掛けしていたそうです。


そのお出掛け先で出会ったのが、今回お会いした保護主さん。


おじいさんが倒れられて、意識朦朧としながら集中治療室に入っている時、
サリちゃんのことをとても気にして、保護主さんに電話を掛けました。
でも、保護主さんは、(病院の番号だったからか) 見たことの無い電話番号だったので、
3回の着信をスルーされたそうです。

普段なら、その後も掛け直すことをしないそうですが、
この時は、何かが引っかかり、なんとなく掛け直してみたそうです。



それが、サリちゃんの飼い主さんである、おじいさんからの電話でした。


その後、間もなく、おじいさんは、意識を無くされてしまったので、
この時、保護主さんが、電話を掛け直さなければ、
サリちゃんは、そのまま殺処分されていたことになります。


でも、繋がった・・・


しかし、おじいさんの家には、もう、サリちゃんはいませんでした。


もう、某施設へ送られていたそうです。
意識不明でも、飼い主さんが生きている限り、殺処分はできない。


おじいさんが頑張って、
サリちゃんの命を繋いでくれていた・・・



そして、その後、保護主さんは某施設へサリちゃんに会いに行ってくださいました。


そこは、狭い狭い場所で、糞尿の処理もしてくれないので、
サリちゃんは、糞尿まみれだったそうです。
(殺処分対象の犬は、糞尿の処理をする意味がない・・・ということなのでしょうか。。。)


そして、その時、サリちゃんを保護しようとしましたが、
その段階では、おじいさんは意識は無くとも、まだ、生きている状態だったので、
飼い主さんの親族の承諾が、必要ということでした。


それから、おじいさんの弟さんに連絡を取り、承諾を得て、
サリちゃんを引き出すことができたそうです。


そんな保護主さんとの、1年半振りのご対面。


サリちゃん、覚えてました!!
サリちゃん、覚えていました!!


喜ぶサリちゃん♪
おかあちゃん、あたいを助けてくれた人だよ♪


あたい、覚えてるよっ!!
あたい、ちゃんと覚えてるよっ!!


あたいを助けてくれて、ありがとう!!
べったり甘えています(^^♪


ありがとっ!!
ほんと、ありがとう♪


抱っこも慣れていらっしゃいます!!
抱っこのコツを、おじいさんに伝授していただいたそうです。
(普通、小型犬って、抱っこ好きな子が多いのにね・・・)


軽くなったでしょ!!
軽くなったって、言われたね♪


にまにまっ♪
あたい、痩せたでしょ??


あたい、元気だよっ♪
あたいは、元気だよっ♪ 助けてくれて、ありがとねっ!!


おいらもぉー!!
おいらもぉー!!


カンタもたくさん可愛がってもらいました♪


うとうとぉ~
うとうとぉ~zzz


カンタの師匠、ボブ!?
カンタ、看板犬ボブの弟子みたい・・・


もっとお話したかったですが、時間の経つのは早いものです。

最後、さよならの時間は、涙々、そして、溢れる想いで、胸がいっぱいに。
今度は、私が、奈良へ遊びに行こうと思います。

サリちゃんの知り得ることの出来ないと思っていた過去を、
たくさん聞くことが出来て、本当に嬉しかったです。

そして、3歳の頃のサリちゃんの写真を頂きました。

写真をカメラで撮ろうと思ったのですが、カメラのバッテリーが・・・汗
(また、今度撮ったら、3歳のサリちゃんをブログに載せます。)


さよならした後、サリちゃんは、しばらく外を見ていました。
なぜか、カンタも一緒に・・・(笑)


行っちゃった・・・・・・
帰っちゃったね・・・


また、会えるよね・・・
また、会えるよね・・・


おかあちゃん、行っちゃったね・・・


「そうだね・・・でも、また、会えるからね!!」


ライン-花ピンク-ライン-花ピンク-ライン-花ピンク-


その後は、ワンコわらわら状態・・・。


ワンコわらわら
ひーふーみーよー・・・


レオン君登場!!


奇跡の?!3連クンクン・・・
奇跡の?!3連クンクン・・・


おかあちゃん、楽しかったね!!


本当に、涙あり、笑いあり
・・・の、感動の再会となりました。

胸が、熱く、そして、心が、温かく・・・



ライン-花ピンク-ライン-花ピンク-ライン-花ピンク-


サリちゃんへ

私は、サリちゃんのおかげで、
ポメラニアンという犬種に魅了されました。

サリちゃんが、我が家に来てくれたから、
ごまちゃんの里親になった。
ごまちゃんの最期は、闘病生活だったけど、
その、ごまちゃんに会いに、フラカノ家が、駆けつけてくれた。

そして、今後、保護犬しか飼わないであろう私達夫婦に、
「子犬を抱いてもらいたい」・・・と、
危険が伴うかもしれないカノンちゃんの交配を決心され、
サリちゃんの小さいけど大きな盾になってくれるカンタが、今、我が家にいる。

全部、サリちゃんから、始まってるんだよ。

おかあちゃんは、サリちゃんのいない人生なんて、考えられません。

これからも、元気で、いろんな所へ遊びに行こうね。

おかあちゃんより



あ、ひーちゃん(ひなた)の 『百か日』 の日に、サリちゃんが来たんだ。
(私達は、ひーちゃんが亡くなってから、百か日経つまで、次の子を受け入れる気がありませんでした・・・)
もしかして、黒幕は、ひーちゃん・・??
私達なら、デブリンチョで、ガブリンチョで、ビビリンチョなサリーを
どうにかできると思った??



ランキングに参加しています。
ポチッと応援クリックをお願いします♪

日本ブログ村ポメラニアン

サリちゃんの元飼い主のおじいさん、
本当に頑固で偏屈?!・・・で有名で、保護主さん達も、
サリちゃんが横にいなかったら、関わりたくない感じの人だったそうです(笑)
私が、サリちゃんがいることで、世界が広がっているように、
おじいさんも、きっと、サリちゃんによって、
世界が広がっていたんだと思いました。

関連記事
スポンサーサイト
20:54 サリー
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。