09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

犬と飼うということ・・・

2013/10/12
いつものカフェ・ビーンズさんへ行ってきました。


今回は、いつもとは違った気分で。


なぜなら、虐待された挙句、飼育放棄された柴犬が
カフェ・ビーンズで保護されていることを、ベル姉から聞いたから。


ちゃたろう君
柴犬 9ヶ月 ♂ 去勢済み


ちゃたろう君


頭をゴルフクラブで殴られたので、頭のてっぺんが割れたそうです。
今は、だいぶマシになってきたようですが、
まだ、完全に傷は無くなっていなくて、毛の生え方が違います。


元飼い主は、「もう、こいついらん!!」
・・・と言って、ビーンズのママにすんなりと引き渡したそうです。
謝罪どころか、感謝の気持ちも一切ない感じで。



話を聞いただけで、腸が煮えくり返りましたが、
そんな元飼い主から引き離せたことを、心から嬉しく思いました。
(虐待しているのに、引き離さない人も意外と多いんです)


里親さんを探すことになりますが、
いかんせんこのワンちゃん(仮名:ゆうたろう改め、ちゃたろう)は、
機嫌が良さそうな感じがしても、威嚇なく、急に本気で噛んできます。



ダッコはできるんです。
でも、リードを付けたり、頭の上に手があったりすると、豹変するんです。


1月生まれのまだパピーなのに、虐待によってなのか、
子犬らしさはありませんでした。



サリちゃんも当初は、少々噛みつき犬だったので、
私は、噛まれることに、そんなに抵抗はありません。
噛まれたら痛いですが、上手な噛まれ方を心得ているのかもしれません。
(とりあえず神経まではイカないよう・・・)

ちゃたろう君は、柴犬の血が濃そうな子なので、
性格は変わらないかもしれませんが、
ある程度は信頼関係を築くことによって、良い方向に変われると思うのです。


最悪、犬歯を抜かなければいけないかもしれませんが、
それは、噛まれた時に痛くないだけでなく、
犬は、犬歯を抜くことで変な虚勢(自信)が無くなり、
穏やかな性格になる子が多いんです。
誰も触れないくらいの子が、猫みたいにベッタリになることも。

この考え方には賛否両論ありますが、噛むから殺処分する人がいることを思うと、
最終判断としては、選択肢の一つなのかな・・・と思います。

できれば、避けたいことに変わりありませんが。



もし、サリカンとの相性が良ければ、引き取ろうかとも考えましたが、
サリちゃんが完全アウトでした・・・汗


あたいは、カンちゃんと二人がいいねん♪


相方に相談したら、ちゃたろう君を、引き取ってあげたいけど、
サリカンの幸せを優先させると、今回は他で里親さんを探してあげよう
・・・ということで、考えが一致しました。


シニアのサリちゃんには、ストレスなく長生きしてもらいたいですから。


ラインラインライン


ちゃたろう君は、犬は好きなので、カンタとは上手に挨拶していました。


こんにちは!!


その後、柵を外し、リードを繋いだまま、サリカンと交流させてみましたが、
カンタが遊びに誘った時に一瞬、本当に一瞬だけ、パピーの表情を垣間見ました。
サリちゃんは、ガルルゥ・・・汗


もしも、里親になってもいい!!
・・・と思われる方は、お気軽にご連絡くださいね。

もちろん、トライアル(お試し生活)を経てから、
ゆっくり考えていただければと思います。



はよ、おくれ!!
ちゃたろう君を、一時預かりしてくださる仮ママさんから、
ウマウマをもらっています。



ちゃたろう君、幸せのお手伝いするからね!!
次こそは、幸せになろうね。


なにかあったら報告します。


たぶんつづく・・・


ランキングに参加しています。
ポチッと応援クリックをお願いします♪

日本ブログ村ポメラニアン
飼育放棄して、心が痛くならないのかな・・・
とても不思議でしかたがないし、理解不能です。
こんな人に犬を飼ってほしくないです。
でも、2匹目を飼って、そっちは問題ないからいいんですって・・・(-_-)
問題あるのは、あなたでしょ!!
・・・って思うのは、私だけでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
21:59 幸せ探し
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。