06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

パブリックコメントで法改正を。

2011/08/19
『動物愛護管理法』

現在、この法律は弱い立場の動物でなく、
ペット販売業者を守る法律になってしまっています。




今、この矛盾した法律を変えることができるチャンスなのです。



今年は5年に一度、国が国民の声を聞いてくれる大切な年。



皆様のパブリックコメント(国民の意見)で弱い立場の動物が守られる法律に、
変更することができる貴重な年なのです。



期限は8月27日(土)



あと8日(約1週間)です。



皆様、意見の提出にご協力お願いします。



ねりまねこさんの、パブコメを出そう!4「5分で出せる簡単パブコメ」
こちらの文章をメールにコピペさせてもらって(←自分のいいと思う部分だけでもOK!)
自分の署名をしてメールを送るのが簡単です。


https://sites.google.com/site/1action4animals/public_comment#a07
郵送やFAXの方は上記をクリックして頂き、
上級・中級・初級のいずれかの郵送ボタンを押し、そのままプリントアウトます。
必ず各項目の賛成・反対に〇をし、理由を記入し、下記住所へ郵送orFAXするだけでOKです。

-----送り先:〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2-----
     環境省自然環境局総務課動物愛護管理室 御中
"「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見在中"と書く

-----FAX-----
送り先:03-3508-9278



5年前の前回は、
「ペットを沢山売って儲けたい!売れ残ったら殺処分して効率化アップ」
という方向に向かっている業者達の意見が9500票集まり、
一般表200票に対して、ダントツで業者寄りの改正になってしまったそうです。

だけど、今回は業者側などの勢力が弱っているそうです。
なので、今年は来年の法改正に向けて、とてもとてもチャンスな年なのです!!!!!!!!!!







「これは本当に大切なことなのです!」



「かわいそう・・・だけじゃ、法律は変えられないんです!」



「でも、たった一票だけど貴重な意見を環境省に送ることにより、
法律を変えられるかもしれないんです!」



「これって、とてもスゴいことなんです。」



「多くの方が行動することにより、生体販売業者有利の法律ではなく、
弱い立場の動物を守る法律に変更することができるのです。」



もう一度言います。



「今の法律はペットを販売する側を守る法律なのです!動物達は守られないんです!」






弱い立場の動物は 『物』 扱いで、そこには 『心』 が全くない状態。

生体販売業界が潤う為であれば、ペット生産工場(動物)は体を壊してでも生産(出産)していい。

ありえません・・・。



「皆様は、ペットショップで売られている可愛い子犬たちが、一体どこから来たかを考えた事がありますか? 」



(恥ずかしながら、私は少し前まであまり深く考えたことがありませんでした。
ペットショップの子は幸せになれるから、私はシェルターで引き取る・・・と言った自己満足な人間だったと思います。)




パピーミル、つまり子犬製造工場。
ペットショップに卸す為の子犬を繁殖している所です。
犬種の保存を目的としたブリーダーではなく、儲け主義の自称ブリーダーです。



そこは、目を覆いたくなるような、とても酷い環境・・・。
犬が犬を・・・・・・・・・・・・とか普通に言ってました。。。
(それでも、私が見たのはだいぶマシな方だったらしい・・・)



「ふう~~~」



どうりでペットショップで買うと体の弱い子が多いわけです。
純血だから弱いのではなく、全て人間のせいだったのです。


ペットショップで働く人を責めるつもりはありません。
ペットショップで動物を買う人を責めるつもりも全くありません。(←当たり前です)
(逆にペットショップで買われた動物は救われた子だと思いました。あの惨状を目にすると・・・)

本当に動物好きであるからこそ、あえて生き物と接する職を選んだのでしょうし、
動物と触れあいたいからペットショップで購入する。
これは、自然な流れだと思います。

ペットショップで働く人はパピーミルを見たことが無いのだと思います。
それは、パピーミル側が現実を隠し続けているからだと思います。
子犬達がどういう所から来たのかを知れば、きっと生体販売に疑問を抱くでしょう。

実際、私の知り合いの知り合い(少し遠いですが…)も以前ペットショップで働いていましたが、
店長になって初めていろいろ疑問を抱くようになったそうです。
(この場合は、売れ残った犬のその後の処遇について・・・ですが。)




今の日本で、これらを止めさせる方法は、たった一つ。

動物好きの人、つまり、私や皆様の意見&意識です。


なので、


パブリックコメントの提出を宜しくお願い致します<(_ _)>

ホンマに、マジで、真剣に、重ね重ね、宜しくお願い致しますm(__)m




にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
11:38 幸せ探し
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。